視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 近視の知識 > 仮性近視(偽性近視)

仮性近視(偽性近視)


長時間のテレビゲームで仮性近視の状態が続くと真性近視へ進行してしまいます 仮性近視とは医学的には偽性近視(調節過緊張症)とも呼ばれ、毛様体筋が緊張して、屈折力が強くなり、一時的に起こる視力低下、または視力低下が始まってからまだそれほど期間が経っていない、非常に軽い近視の事をいいます。視力低下が始まって3ヶ月?6ヶ月くらいこの状態が続くと、真性近視へと進行してしまいますので注意が必要です。

パソコンや読書、勉強、テレビ、ゲームなどで近くのものを長時間見ていると、毛様体筋はずっと緊張しています。そのため近くを見た後も毛様体筋の緊張がとれずに強い屈折率が一時的に残ってしまい、近視と同じような状態になってしまいます。これが仮性近視(偽性近視)で、医学的には屈折異常と区別し、水晶体の調節異常とされています。

ようするに、毛様体筋の緊張状態、近くを見続けることが仮性近視から真性近視への大きな原因ですので、テレビやパソコン、ゲームをした後は、遠くを見て毛様体筋を休めることがとても大切なのです。仮性近視の場合はこれだけで真性近視になるのを防ぐ事が可能で、自然に治ることも期待できます。近くを長時間見たら遠くを見るようにする

子供などの場合に、ゲームなどのしすぎで目が悪くなった(真性近視)と思い、メガネなどで仮性近視を矯正してしまうと、本当の真性近視になってしまうこともありますので、ゲームをした後などは遠くを見るようにしてみて、様子をみてみましょう。また屈折性近視はこの仮性近視の初期に当たるとされています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved