視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の安全性と合併症(副作用) > ハロー(ハロ)

ハロー(ハロ)


ハロー(ハロ)は夜間光を見たときに霧がかかったように見える ハロー(ハロ)とは、夜間に見えにくさを感じたり、街頭の明かりや蛍光灯などを見たときに光の周囲がぼんやりとして霧がかかったように見えたり、にじんで見える症状の事で、レーシック手術後、治療体験者のほとんど全員が経験する、レーシックの合併症の一つです。

個人差がありますが、レーシック手術後3?6ヶ月経過すると、ほとんどの方が改善、またはまったく感じなくなるようです。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved