視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 近視の知識 > 近視人口

近視人口


近視大国といわれている日本 日本の人口は約1億2000万人(2005年現在)。そのうちの1/3、約4000万人が近視といわれ、近視有病率は小学生で25%、中学生で50%、高校生で60%と、先進国の中でも日本は世界一の近視大国ともいわれています。

レーシック先進国アメリカの近視人口は約6500万人、毎年100万人以上の方がレーシック(近視回復手術)を受け、2005年までに近視人口のうち約1割の方がレーシック手術を受けたといわれています。一方日本では2005年に約7万人の方がレーシック手術を受けましたが、その差はまだまだ歴然です。

アメリカではすでに、虫歯になったら歯医者に行くのと同じ感覚で、近視になったらレーシック手術を受けるほどまでレーシックは一般的になっています。日本でも徐々にレーシックは浸透し、レーシック手術を受ける方も増加していますので、アメリカのように一般的になるのもそう遠くない事かもしれません。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved