視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力矯正法の歴史 > コンタクトレンズの歴史

コンタクトレンズの歴史


コンタクトレンズの歴史は意外と古い 視力矯正法として、今では多くの人が愛用しているコンタクトレンズ。ハードコンタクトレンズ、ソフトコンタクトレンズ、使い捨てコンタクトレンズ、カラーコンタクトレンズなど様々なものがありますが、コンタクトレンズはいつ頃発明されたのでしょうか?

コンタクトレンズの原理を発見したのはみなさんご存知の、画家であり発明家でもある
レオナルド・ダ・ヴィンチです。レオナルド・ダ・ヴィンチは1508年に大きな半球状のガラスの器に水を入れ、その水の中に顔をつける実験をしました。これはコンタクトレンズを作るための実験ではありませんでしたが、この実験がコンタクトレンズの起源となったのです。

その後1637年に出版されたフランスの古い書物に、
デカルトという人物が水を入れた筒の両端にカーブしたガラスを取り付けたものを目にかぶせて、近視遠視の強さを調べたと記載されており、デカルトがコンタクトレンズの創始者といわれています。

レオナルド・ダ・ヴィンチの実験から約380年後の1887年頃には、
オーゲン・フィック(A.Eugen Fick)というスイスの眼科医師が、最初ウサギの目で実験をし、ウサギがそれほど苦痛なくレンズをつけることができたことを確認し、次にガラス製の人間用のコンタクトレンズを作り、自分の目にはめる実験を行いました。この実験結果を「Eine kontactbrille」という題で発表し、この題名の「kontactbrille」から「コンタクトレンズ」という名前が生まれたのです。

1930年代以降になるとプラスチック素材のコンタクトレンズ、いわゆる
ハードコンタクトレンズが次々と開発され、市販されるようになっていったのです。

一方ソフトコンタクトレンズは、1955年にチェコスロバキア国立高分子科学研究所の
Linが開発し、その材料を同国のWichterleがソフトコンタクトレンズへ応用しました。そして1967年にアメリカのボシュロム社へパテント移行され、1971年にはFDA(米国食品医薬品局)より販売認可が下りて市販されるようになったのです。水分を含む軟らかい素材のソフトコンタクトレンズが開発され、多くの人々が異物感をほとんど感じることなく装用できるようになったのです。

さらに
1988年にはアメリカで使い捨てコンタクトレンズがFDAにより認可(日本では1991年に認可)され、今では夜間睡眠中も目に入れっぱなし可能なレンズ(連続装用)や、乱視用、遠近両用、カラーコンタクトレンズなど、様々なタイプのコンタクトレンズが開発、市販されています。

※ おしゃれ用として若者に人気の度の入っていないカラーコンタクトレンズは、目の粘膜に炎症などを起こしやすい傾向があるとして、国民生活センターでは
「度のないカラーコンタクトは薬事法の規制がなく、安全性が保証されていない。コンタクトレンズは視力補正の目的以外で安易に使わないでほしい」と警告しています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved