視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力矯正法の歴史 > メガネの歴史

メガネの歴史


メガネの歴史 メガネの歴史は古く、いつどこで誰が発明したのかは正確には分かっておらず、レンズだけなら紀元前から使用されていたといわれています。しかし当時は火をおこすための道具として用いられており、 物を拡大して見るという用途には使われていませんでした。

そのレンズが、初めて
メガネとして使われるようになったのが13世紀の北イタリアではないかといわれています。ガラスの製造技術が発達したベネチアでのみ無色透明なガラスを製造出来たことがその理由として挙げられ、水晶や緑柱石を磨いて作られていたレンズが、ベネチアで発達したガラス技術によって生まれ変わり、ヨーロッパから世界へと広まっていったのです。

メガネは最初、老眼用として単眼の凸レンズ、いわゆる虫眼鏡の原型でしたが、その後両眼用として二つのレンズを使う今のメガネの原型が誕生し、近視用の凹レンズが作られるようになったのは16世紀になってから、乱視用のレンズの誕生は19世紀の初め頃といわれてます。

日本にメガネが伝わったのは1551年、宣教師の
フランシスコ・ザビエルが現・山口県の大名・大内義隆に贈ったメガネが日本最古のものと考えられています。ザビエルに続いて日本に渡って来た宣教師たちも、時計、鉄砲など、ヨーロッパの珍しいものと共にメガネを大名への贈り物にしました。めがねの歴史

日本で最初にメガネが作られたのは江戸時代といわれ、その後、輸入に頼っていたメガネを日本で作るようになったのは明治以降で、政府の勅命を受けた
朝倉松五郎がヨーロッパでメガネ作りを勉強し、ヨーロッパの技術を日本に持ち帰り、大阪からメガネ職人を集め、福井で増永眼鏡を設立、今や日本の90%のメガネを福井で生産するようになったのです。

それ以降は日本でもメガネが安く作れるようになり、一般の人々にも普及していきました。また”鼻あて”を発明したのは、西洋人と比べ鼻の低い日本人といわれています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved