視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・は行 > フラップ

フラップ


フラップとは、簡単にいえば角膜の蓋のようなものです。レーシックでフラップを作成する理由は、痛みを感じる角膜上皮層を削らずに痛みのない角膜実質層だけを削るようにしたいからです。

しかし通常のレーシックでは眼球専用のカンナ(電動メス)・マイクロケラトームでフラップを作成しますが、切開面が不均一で不正乱視を引き起こしたり、術後、強い衝撃でズレる可能性があるなどの課題がありました。

しかしレーシック先進国アメリカや、近年日本でも増えてきた最新の視力回復手術・イントラレーシックで使用するイントラレーザーの場合は、正確に均一な薄いフラップを作成することが可能で、非常に切開面も滑らかで、エッジ部分も直角でキレイに作られますので、術後にフラップのズレやシワも起こりにくく、このフラップの精度が視力回復手術(屈折矯正手術)の効果や術後の安全性の高さに大きな影響を及ぼすといわれています。

レーシックは、このフラップ(角膜の蓋)の内側の角膜実質層にレーザーを照射し、角膜の形を修正していく視力回復手術です。術後当日はクリニックから渡された点眼薬を医師の指示に従い使用しましょう(術後当日に点眼薬を医師の指示通りにささないと、フラップが乾き、ズレやシワの原因となります)。

また術後1ヶ月ほどはこのフラップが完全に安定していませんので目をこすることは避けましょう。万が一、こすったり、目を何かにぶつけたりで、フラップがずれてしまった場合でも早期に治療を受ければ大きな問題にはなりませんが、そのまま放っておくと視力低下などの原因にもなりかねませんので注意しましょう。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved