視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の適応性 > 格闘技や激しいスポーツをしているのですが、レーシックを受ける事はできるの?

格闘技や激しいスポーツをしているのですが、レーシックを受ける事はできるの?


格闘技などの激しいスポーツをする方はレーシックをおすすめできません まずレーシックを受けようと思っている方で、格闘技や激しいスポーツを行っている、あるいはそのような職業の方は手術前に必ず担当の医師にその旨を告げ、手術を受けられるか?仕事に影響はないか?など、十分に話し合う事が大切です。

いまでは多くのプロ野球選手やプロゴルファーがレーシックを受けられていますので、これらのようなあまり激しくないスポーツや草サッカー、水泳などであればレーシックを受ける事は可能で、 レーシックの場合はフラップを作成しますので、このフラップが完全にくっつく、術後1ヶ月を経過したあたりからこれらのスポーツを行う事が可能になります(個人差がありますので医師に相談しましょう)。

また視力回復法(視力回復手術)はレーシックだけではありません。激しいスポーツや、格闘技を行う方にはラセックやフラップを作成しないPRKなどがおすすめだといわれています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved