視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・や、ら行 > 夜盲症

夜盲症


夜盲症は暗い所で見えにくくなる症状 夜盲症とはレチノール(ビタミンAの一種)不足などにより、暗順応の機能が低下して、暗さに目が慣れるのが遅くなり、明るい所ではよく見えるのに、光量が少ない薄暗い所では見えにくくなる症状の事で、鳥目とも呼ばれています。

光は目の網膜にある器官で感じるのですが、その一部はビタミンA(レチノール)によって作られており、そのためビタミンA(レチノール)不足になると光を感じにくくなり、その結果、夜盲症を引き起こしてしまうのです。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved