視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の安全性と合併症(副作用) > レーシックの安全性

レーシックの安全性


レーシックはアメリカではFDA、日本では厚生省が認めた手術です レーシックで使用されているエキシマ・レーザーは1995年にFDA(米国食品医薬品局)で、また日本の厚生省(現・厚生労働省)では2000年の1月28日に承認されました。

これはエキシマレーザーによる手術が適正に行われれば、安全性や将来性、またその危険性や副作用が安全な範囲であると、国が正式に承認したということです。

アメリカでは2000年以降、毎年100万人以上の方がレーシックを受けられ、すでに近視人口の1割の方が受けているともいわれています。またAAO(米国眼科学会)やASCRS(米国白内障屈折手術学会)、さらに国の機関であるアメリカ国防総省の医学委員会がレーシックを積極的に取り入れるようになったことでより安全性が認められ、急激に普及するようになったのです。

そのアメリカや日本はもちろん、世界中でもレーシックを受けて失明したという報告はないようです。「100%安全」といい切れる手術は世の中にありませんが、専門医で適切な治療が行われば、レーシックはレーザー医療の中でも安全性が確立された手術といってもよいでしょう。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved