視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の流れ > レーシック手術当日

レーシック手術当日


いよいよレーシック手術当日です。手術当日の流れは以下のような感じです。

1: レーシック手術後、その日は運転ができませんので、電車やバスなどの公共機関を利用するか、家族の方などに送ってもらって来院しましょう。

2: クリニックに来院し、事前に渡されていた同意書を記入の上、受付に提出しましょう。

3: 手術前に最後の適応検査です。術前検査と相違はないかなどを再び検査します。

4: いよいよ手術です。点眼麻酔⇒目の周りを消毒⇒顔に目だけが露出するシートをかぶせる⇒開瞼器で瞼を固定⇒フラップを作成⇒エキシマ・レーザー角膜実質層にレーザーを照射⇒フラップを元に戻し消毒、感染・炎症を防ぐための点眼薬をさして手術終了です。手術時間は15?30分ほどですが、レーザー照射時間は矯正度数によっても違いますが、数十秒です。

5: 手術終了後、休憩室で30?60分ほど安静にします。

6: 休憩後、担当の医師の診断を受け問題がなければ保護用メガネ(サングラス)をかけて帰宅します。

7: 手術終了後すぐに視力が回復したことを実感できる方も多いようですが、それよりも目が腫れぼったく、異物感がしたり、かすんだり、眩しくて目を開けるのがやっとといった状態になっていると思いますが、これは通常の事ですのでご心配なく。

8: 帰宅後は医師の指示に従い点眼薬や内服薬を使用し、就寝時にはクリニックから支給された保護カバー(プラスチック製の眼帯)を付けてお休みください。

クリニックによっては多少違うかもしれませんが、手術当日の流れはこのような感じです。検査・手術・休憩・診断を行いますので、約2?3時間は時間がかかることを知っておきましょう。

定期検査



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved