視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の適応検査 > 屈折度数の測定

屈折度数の測定


オートレフラクトメーターで客観的に屈折度数を測定 オートレフラクトメーターという機械を使用し、屈折異常近視遠視乱視)の有無やその程度を自動的にコンピュータで解析し、客観的に屈折度数を測定します。

レーシックの適応検査ではもちろん、いまではメガネ・コンタクトレンズを作成するときなどにもこの屈折度数の測定(オートレフラクトメーターでの視力測定)は必ず行われています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved