視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力回復手術の種類 > イントラレーシック

イントラレーシック


イントラレーシック(Intra LASIK)とは、レーシックの一形態で、従来のレーシック治療より、安全性・確実性がさらに増し、レーシック先進国アメリカでは、レーシックより主流になりつつある最新・最先端の視力回手術です。

イントラレーシックと従来のレーシックとの大きな違いは、フラップの作成方法です。いままでのレーシックの場合は、マイクロケラトームというカンナ(電動メス)のような装置でフラップを作成していましたが、カンナ部分の往復運動により、フラップの断面が若干でこぼこしたり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになるため、まれにシワの原因となったり、フラップが厚くなることは否めませんでした。

?イントラレーシックのメリット?

イントラレーシックの場合は医療用のイントラレーザー(クリニックによって機械は違います)を用いてコンピューター制御のもとでフラップを作成しますので、従来のレーシックに比べて医師の技術をさほど必要とせず、安全で、高精度なフラップを作成することが可能となったのです(フラップの精度が視力回復手術の効果や術後の安全性の高さに大きな影響を及ぼすといわれています)。

さらにイントラレーシックは、従来のレーシックに比べてよりフラップをうすく正確に作成することが可能ですので、その分角膜実質層を削りとれる量が増え、通常のレーシックよりも強度の近視を矯正することが可能となりました。

?イントラレーシックのデメリット?

イントラレーシックは、フラップの作成に時間がかかったり、断面同士の接着が安定しない、導入されてまだ間もない、レーシックほどの手術例がないという問題も指摘されていました。しかし研究が進み、これらの問題点も解決されてきて、日本でも導入するクリニックが増え、手術例も驚異的に増えています。

?レーシックとイントラレーシックを比べると?

術後裸眼視力回復率

クリニックによっても視力回復率の差は若干ありますが、レーシックよりもイントラレーシックの方が軒並み回復率が高いようです。

ドライアイ発生率
従来のレーシックでは、手術後ドライアイになってしまうということがありましたが、イントラレーシックの場合には、角膜への負担を大幅に軽減し、ドライアイの発生率が抑えられました。

ハロ発生率
イントラレーシックは手術後、レーシックの合併症の一つハロー(ハロ)の発生を大幅に抑えることが可能になりました。従来のマイクロケラトームを使用したレーシックではできなかった視界精度が格段に高まりました。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved