視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)の安全性と合併症(副作用) > ドライアイ

ドライアイ


ドライアイとは、文字通り眼球表面を覆う涙液(涙の量)の不足などによって目が乾く症状です。症状としては眼精疲労、かすみ目、白目の充血、不快感、まばたきの増加などがあり、 レーシック合併症の一つでもあります。レーシック手術後多くの方がドライアイの症状を感じるようになりますが、2,3ヶ月すると徐々に軽減、またはほとんど感じなくなります。

は泣く時に流れるだけではなく、普段でも少しずつ出ています。涙の役割は目の表面を乾燥から守り、栄養や酸素などを目全体に行き渡らせ、ゴミ(ホコリ・花粉・細菌)を洗い流すことです。そして涙の仕事を手伝っているのがまばたきです。まばたきは、目の表面からゴミや汚れを取り除き、涙を目の表面に行き渡らせ、乾燥から守っているのです。

ドライアイの原因は?

長時間パソコンやテレビゲームなどの細かい作業をしていると、気づかぬ間にまばたきの回数が減少して(通常の1/4ほどになるといわれています)、目が乾いてしまいます。この目の乾きがドライアイの原因の1つです。パソコンの長時間使用はドライアイの原因になることもあります

また生活環境もドライアイと関わっています。冷暖房完備した室内では、お肌と同じように目も乾燥しがちですので、特に冬は加湿器などで湿度を保ちましょう。

コンタクトレンズもドライアイの大きな原因の一つです。コンタクトレンズは角膜への涙の供給が減ってしまうので、ドライアイが気になる方はなるべくメガネを使用し、出来るだけ眼科医で処方された目薬を使うようにしましょう(人気のある目がスーっとする目薬はドライアイを助長しかねませんので、おすすめできません)。

しかしドライアイの人でも、「目が乾いた」という自覚症状が全くない人もいます。また、たかがドライアイと放っておくと角膜が傷ついたり、細菌に感染したりと様々な眼病疾患の原因になってしまいます。緊張した状態よりもリラックスした状態の方が涙の分泌が増えるので、細かい作業を長時間続けるときは間に休憩を入れて、目を休めることはとても大切なのです。

ドライアイ度チェック!

以下はドライアイの可能性が高い症状です。

・目が充血しやすい
・目が乾いた感じがする
・目がなんとなく不快
・目が重く感じる
・目がゴロゴロする
・目が疲れやすい

ドライアイは眼精疲労の初期症状と同じような症状なので、見過ごされてしまいがちです。またパソコンの普及、テレビゲームのやりすぎなどで目を酷使しがちな現代人はドライアイになる確立がとても高くなっています。ドライアイかな?と思ったら、眼科医による早目の診断を受ける事をおすすめします。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved