視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力回復手術の種類 > イントラウェーブフロントレーシック

イントラウェーブフロントレーシック


イントラウェーブフロントレーシック(Intra Wavefront lasik)は、ウェーブフロントレーシックイントラレーシックを組み合わせた、角膜に物理的ダメージを一切加えない、より安全な屈折矯正手術(視力回復手術)です。

?イントラウェーブフロントレーシックのメリット?

イントラレーザーでフラップを薄く作るので角膜が薄い方、またウェーブフロントアナライザー(解析装置)で一人一人に応じたエキシマ・レーザー照射プログラムを決定するので、強度近視や強度乱視、不正乱視の矯正も可能となった、最先端のレーシックです。

?イントラウェーブフロントレーシックのデメリット?

日本ではまだ導入しているクリニックが少ない。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved