視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 眼精疲労

眼精疲労


眼精疲労 眼精疲労とは、目を使った時に視力低下・眼痛・涙が出てくる・ショボショボする・目のかすみ・まぶしさ・充血などの目の症状の他に、頭痛・肩こり・吐き気などの体全体にも症状を訴えることで、休息や睡眠をとっても十分に回復しない、目のピント調整機能が低下する状態の事をいいます。

眼精疲労は典型的な現代病ともいわれており、一般的に私たちが日常よくつかっている「
疲れ目」とは、休憩や睡眠によって回復する「眼疲労」のことをいっています。一方、休憩や睡眠を十分とったにもかかわらず眼痛・目のかすみ・まぶしさ・充血などが残る症状を「眼精疲労」といっています。ようするに眼精疲労は、疲れ目の重い症状を指しています。

眼精疲労の原因は?

眼精疲労の原因は様々です。目に異常がある、体の状態が悪い、寝不足、食生活の乱れ、精神的な要因、目にも体にも異常がないが、メガネやコンタクトレンズが合っていない、仕事などで眼を酷使している、などが挙げられます。

特に近年増加しているのが目を酷使したためになる眼精疲労です。パソコンやテレビゲーム、携帯電話などの普及により、子供の頃から長時間目を使いすぎているんですね。眼が疲れたら休憩しましょう

他にも暗い場所でのテレビ鑑賞、電車やバスの中など振動がある場所での新聞や雑誌などの読書、コンタクトレンズの長時間使用、室内の照明が明るすぎたり暗すぎるなど、これらの生活習慣が長く続くと、慢性的に疲れ目の原因となり、いずれは眼精疲労になってしまいます。また少しぐらい目が疲れても、目薬をさせばいい、と軽く考えがちの人も多いようですが、それでは根本的な解決にはなりませんので注意しましょう。

眼精疲労かな?と思ったら

眼精疲労になると自分で治すのは難しいので、眼科医の診察を受ける事が最善策です。また目が疲れたなと思ったら、一旦している作業をやめ、遠くを眺めたり、気分転換することはとても大切です。

目が疲れたときは・・・

・40度ぐらいのタオルを目に乗せて約3?5分間、目を温める。
・冷たいタオルで3?5分間、目を冷やす。

これらを2,3回繰り返すだけで、かなり疲れ目は解消されると思いますよ。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved