視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 円錐角膜

円錐角膜


円錐角膜とは角膜が薄くなり、中央部が突出し、球形の角膜が円錐状になる進行性の病気のことで、強度の近視および乱視を伴い、程度に差はありますが多くの場合両眼性の眼疾患です(片眼が全く正常のこともあります)。

初期には通常のコンタクトレンズなどで矯正が可能であるため乱視と勘違いされることも多いですが、症状が進行すると円錐角膜用のレンズが必要となります。重度の場合には角膜移植が必要になることもあり、円錐角膜の場合、突起した部分の角膜が薄くなってきますからレーザー手術のレーシックPRKなどの屈折矯正手術等も円錐角膜には適応しません(これらの手術を受けると角膜が破れる場合があります)。

円錐角膜の明確な原因はいまだ不明で、遺伝性疾患という認識は低いといわれ、眼をこするなどが大きな要因ではないかといわれています。発症率は男性が女性の3倍ともいわれています。発症時期は思春期が多く、ほとんどの場合30歳前後で進行が止まるといわれていますが、40歳、50歳になって急激に進行する場合もあり、進行速度にも個人差があり、数ヶ月から何年もかけて進行していき、進行するにつれ不正乱視が強く出てきます。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved