視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 角膜炎

角膜炎


角膜炎とは字の通り、細菌やウイルス、外傷、アレルギー反応、コンタクトレンズの長期装用や間違った使用、ドライアイ、点眼薬(目薬)の副作用などなどにより角膜に炎症が起きるもので、眼痛、異物感、充血、涙目、さまざまな混濁、さらに悪化すると視力障害を訴えることもある症状です。

角膜炎は軽症であれば数日で改善される場合もありますが、原因や重症度によっては治療に数ヵ月?数年かかることもあります。

主な角膜炎

・ペス性角膜炎
帯状ヘルペス性角膜炎
・色素性角膜炎
びまん性表層角膜炎
アカントアメーバ角膜炎
単純ヘルペス角膜炎



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved