視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・あ行 > インフォームド・コンセント

インフォームド・コンセント


インフォームドコンセント インフォームド・コンセント(informed consent)とは、informed(情報を提供する)、consent(同意する)、つまり医師が患者に対して受ける治療内容の方法や意味、効果、危険性、その後の予想や治療にかかる費用などについて、十分かつ、分かりやすく説明をし、そのうえで患者から治療の同意を得ることをいい、「説明と同意」または「告知と同意」ともいわれています。

このインフォームド・コンセントは1970年代にアメリカで始まり、その背景には訴訟社会アメリカならでは、訴訟に対する医師の自己防衛が働いていたといわれています。また日本では1990年がインフォームド・コンセント元年といわれています

レーシック手術を受ける前にも当然、インフォームド・コンセントが行われます。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved