視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 近視の知識 > 近視とは

近視とは


正視の方の見え方 近視とは簡単にいえば近くは見やすく、遠くがぼやけて見える状態のことで、真性近視とも呼ばれています。

近視はもっとも多い屈折異常であり、日本人の約1/3が近視といわれています。近視は眼内に入った光が網膜よりも手前で焦点を結んでしまい、網膜にピントがあわず、そのため近くの物ははっきり見えますが、遠くの物はぼんやりとしか見ることができないのです。

網膜に焦点を結ばない原因として、角膜から網膜までの長さが正常よりも長い場合(軸性近視)と、角膜や水晶体の屈折力が強すぎる場合(屈折性近視)との2種類があります。

一般的に近視は、毛様体筋の緊張が次第に固定化し、常に水晶体が膨らんだままで、元の状態に戻らなくなる真性近視と、子供の時や、一時的に近くを見る環境が続くなどした場合に、急に視力が落ちてしまう仮性近視(偽性近視)に分けられます。近視の方の見え方

近視は通常、幼年期から起こり、10代の後半か20代前半には進行は止まります。しかし、最近はパソコンの普及、テレビゲームのやりすぎなどにより、成人以降も近視が進むことがあります。近視は長年メガネやコンタクトレンズで矯正してきましたが、近年ではレーシックなどの視力回復手術(屈折矯正手術)での矯正も可能、選択肢の一つとなっています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved