視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力回復手術の種類 > レーシック

レーシック


レーシックとは正式名称「レーザー角膜屈折矯正手術」といい、「Laser in situ Keratomileusis」。これらの頭文字を取ってLASIK(レーシック)と呼んでいます。ギリシャ語でKeratosは「角膜」、Mileusisは「修正する」という意味で、すなはちLASIK(レーシック)とは、レーザー「Laser」で角膜「Keratos」を修正「Mileusis」するという意味です(1990年に世界で始めてレーシック手術が行われたのがギリシャですので、ギリシャ語が使われています)。

レーシックは、角膜の表面にマイクロケラトームと呼ばれる装置でフラップを作成し、高精度の医療用エキシマ・レーザーを使用して近視乱視遠視の度数に応じて「角膜実質層」と呼ばれる部分に照射し、角膜の形状を変えることによって(角膜の中央部をレーザーにより分子レベルで削ることにより、角膜のカーブを変化させる)、屈折率を変化させ、視力を回復させる(近視や乱視、遠視を矯正する)、メガネ・コンタクトレンズに代わる視力矯正方法として注目を浴びている、世界で認められている最先端の医療技術・画期的な視力回復手術です。

レーシックのメリット

・安全性がとても高い
・視力回復効果がとても高い
・手術が15分程度ととても短時間
・手術中、術後における痛みがほとんどない
・手術後の視力回復が早い
・視力が短期間で安定する
・早ければ手術翌日から通常の生活を取り戻せる
・軽度の近視から強度の近視まで矯正度数の幅が広い
・裸眼で生活できる喜びを感じられる

レーシックのデメリット

レーシックも良い事ばかりではありません。レーシックはエキシマレーザーにより角膜の一部を削り取って行う手術ですので、一度レーシックを受ければ、角膜の形状を元の状態に戻すことはできません。

また、まだ歴史の浅い手術ですので、将来への不安も拭いきれませんし(レーシックを受けて将来への不安はないの?)、手術後に合併症が起こる可能性も否定できません。

しかしデメリットよりもメリットのほうが大きいと、多くのスポーツ選手や有名人などがレーシックを受けるようになったり、治療費も手頃になってきたことから、日本でも社会的認知度が上がってたことも確かです。




120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved