視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 水道橋博士

水道橋博士


水道橋博士(お笑い芸人で本名は小野正芳)

生年月日:1962年8月18日

出身:岡山県

主な略歴:高校卒業後、明治大学経営学部に入学するも4日で退学し、1986年、憧れのビートたけしに弟子入りし、1987年玉袋筋太郎と浅草キッドを結成。


その後テレビ、ラジオ番組の出演も増え、本を出版するなどお笑いだけでなく、幅広い分野で活躍し、2002年に結婚。長男の名前は「たけし」である。


タレントとして活躍されている水道橋博士さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、

左眼0.6⇒1.5

に視力が回復されました。


?水道橋博士さんのレーシック体験談と感想?


「スタジオでカンペを見逃すこともなく、素早い判断が出来るようになり、集中力が高まりましたね。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved