視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・や、ら行 > 老眼

老眼


老眼は誰にも必ず訪れる老化現象です 老眼とは、いわゆる目のピント調節能力の老化現象で、よく遠視と間違えられますが性質は異なり、誰にでも起こる現象のことです。目が老化していくとレンズ役の水晶体が硬くなり、スムーズに水晶体を厚くする事が難しくなり(調整機能の低下)、目のピントが合う範囲が狭くなり、近くの物が見にくくなるのです。

よく近視の人は老眼にならないといわれていますが、これは間違いで、近視の人は老眼に気付くのが遅いだけなのです。正視の人は40歳を過ぎる頃から近くが見づらくなりますが、近視(屈折性近視)の人の場合、水晶体が普段から厚くなっている事が多く、近くはよく見えます。従って、近視の人は老眼になっても、近くがある程度見えるので老眼だとは気付かず、正視の人よりも老眼鏡などをかけるのが遅くてすむだけなのです。

また遠視の人は正視の人よりも早く老眼になりやすく、遠くも近くも見づらくなりますので、一番辛いかもしれません。

「老眼鏡を使うと老眼が早く進む」といわれていますが、老眼が進行しているのにもかかわらず、老眼鏡をかけずに無理していると、頭痛や肩こりなど、他の症状として現れる事もありますので注意が必要です。

※ 40歳以上の近視の人がレーシック手術などの視力回復手術を受けると、手術後は近くが見づらくなり、手術後に老眼鏡が必要になる場合があります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved