視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・か行 > 結膜

結膜


結膜とは、まぶたの裏側と白目(強膜)の表面から黒目の周囲までを覆っている半透明の膜です。血管が豊富で、免疫反応を起こすリンパ組織もあり、外から目の中へ異物が入ってくるのを防いでくれます。

結膜は小さい異物や感染症の原因となる細菌が眼の中に入るのを防ぐとともに、涙液の薄い膜を維持して目を守ってくれていますが、直接外界と接しているので、いろいろな病原物質にさらされやすい環境にあります。

結膜で最も多い病気はみなさんご存知の
結膜炎です。結膜炎は原因にかかわらず症状は似通っていて、結膜が充血したり、まぶたの裏側にデキモノができたり、目やにや涙が増え、かゆみやゴロゴロ感などの症状が現れます。結膜炎を起こす原因により、アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、ウイルス性結膜炎などと呼ばれています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved