視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック手術体験談 > 3ヵ月後検査を受けました!

3ヵ月後検査を受けました!


レーシック手術後3ヶ月が経過しました(僕が受けたのはイントラレーシックです)。しかし基本的に性格がいい加減ですので、すっかり3ヵ月後検査なんて忘れていました。。逆にいえば忘れるくらい生活に支障がほとんどなかった事も確かでした。

しかし折角なので検査を受けるためにクリニックに電話で予約を入れました。3ヵ月後検査ですが、実際は5ヶ月経過していました( ̄ー ̄;

そして3ヵ月後検査(実際は5ヵ月後検査)に行ってきました。4ヶ月ぶりのクリニックでしたが、待合室のソファーの位置とかが少し変わっていて、朝早くに予約をいれていたのですが、あいかわらず平日の午前中から多くの人が待合室で待っていました。

また検査ルームなどもかなり増えていました。そういえば前に来たときには工事をしていたのを思い出し、聞く所によると、かなり患者数が増えてきたので、それに合わせてクリニック自体を広くしたようでした。

そして久々の検査です。久しぶりでしたので眼圧測定で少しビックリしてしまいましたが、その他は順調に終わり、最後の医師の診察でも問題ありませんといわれ、視力もあいかわらず両眼とも「1.5」と安定していて、「ここまでくれば、今後まず視力が戻る事はありません」といわれ、レーシックを受けて本当に良かったなと実感しました。

3ヵ月後検査も1時間ほどであっさりと終わり、これで定期検査もすべて終わりました。

レーシックの合併症の一つハロー(ハロ)グレアは完全にはなくなっていませんでしたが、少しずつですが気にならなくもなってきました。またドライアイのほうは月日が経つにつれ、この頃にはほぼ感じていませんでした(それでも最後の定期検査でしたので多めに点眼薬を貰いました(笑))。

もちろんこれで定期検査は終わりましたが、何かあれば連絡してくださいねと笑顔で医師にいわれ、おそらくもうここには来ることはないなと思いながらクリニックを後にしました。

とにかく僕自身としてはレーシックを受けて本当に良かったと心から思っています。手術前激しかった、眼の疲れからくる“首・肩こり”も気のせい?かもしれませんがなくなったように感じていますし、5ヶ月も経過すればそろそろ、裸眼で生活する事が当たり前のようになってきましたが、何より裸眼で生活できる喜びを再び手に入れる事ができたのが1番の喜びです。

このサイトをご覧の方はすでにレーシックを受けた人、受ける予定の人、受けるかどうか迷っている人、レーシックを初めて知った人などさまざまだと思います。僕自身はレーシックは素晴らしい屈折矯正手術、視力回復手術だと思いますが、安易にすべての人に薦める気はありません。

現在メガネやコンタクトレンズで煩わしさを感じていない人、手術に抵抗を感じている人、レーシックに不安を感じている人は、わざわざ高額な治療費(今後ますます値段も手頃になり、技術も上がると思いますが)を払ってまでレーシックを受けなくてもいいのでは?とも思っていますし、最後に受けるかどうかを決めるのは自分自身です。自分で納得するまで調べたり、聞いたりして、それでも受けるメリットのほうが大きいと思えば受けるのも選択肢の一つですし、受けないのも選択肢の一つです。

とにかく日本でも今後さらにレーシックは浸透すると思いますので、視力を回復(近視乱視遠視を矯正する)させる手術があるんだという事を知っておくだけでも色々タメになるのではないでしょうか。

今後も定期的に近況を報告していきます!(僕が受けたクリニックは品川近視クリニックです)




120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved