視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力回復手術の種類 > フェイキックIOL

フェイキックIOL


フェイキックIOL(Phakic IOL)とは「
有水晶体眼内レンズ」という意味で、白内障手術用の眼内レンズと同じ素材で作成された人工レンズを角膜水晶体の間に挿入し、水晶体をそのまま残し、近視遠視乱視を矯正する、長期的な安全性も報告されている視力回復治療法です。

1986年にヨーロッパで始まったこのフェイキックIOLは安全性が認められ、2004年9月10日にFDA(米国食品医薬品局)によって認可を受け、2005年までに全世界で15万症例が行われ、最近では、新聞紙上などで「
永久コンタクトレンズ」として紹介され、認知度も高くなりました。

?フェイキックIOLのメリット?

エキシマ・レーザーを使用するレーシックなどの場合、角膜をレーザーで薄く切除し、カーブを調整することで近視を矯正していきますので、角膜の強度を保つためには矯正できる近視の度数には限界があり、もともと角膜が薄い方はレーシック手術を受ける事ができない場合がありました。

しかしフェイキックIOLは、人口レンズで屈折率を大きく変えられるので、角膜の厚さや近視の度数と関係なく手術することができ、ウェーブフロントレーシックエピレーシックによっても矯正できない
最強度近視の方、角膜が薄すぎてレーシックが受けられない方にも対応している屈折矯正手術です。

またフェイキック IOLでは角膜の形を変えないため、術後の見え方の質が良いといわれ、レーシックと組み合わせて治療する事が可能で、
最大のメリットとしては、手術後に万が一問題が生じた場合でも、レンズを取り出すことで眼の状態を元に戻すことができることです。

?フェイキックIOLのデメリット?

フェイキックIOLは、年齢が18歳以上で、角膜や網膜などの眼の異常がなく、過去1年間視力の変動がほとんどない方など、手術を受ける方が限られます。

手術にかかる時間はレーシックと同じく10?20分程度ですが、フェイキックIOLの場合、1、2週間の間隔をあけ、片眼ずつ行い、レーシックと同様に、老眼のある方が手術により遠くに視力を合わせると、近くを見るための眼鏡が必要になる場合もあります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved