視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > アカントアメーバ角膜炎

アカントアメーバ角膜炎


アカントアメーバ角膜炎とは、傷付いた角膜にアカントアメーバ()が寄生して起こる角膜感染症で、感染することはまれですが、感染したら治療がとても困難な病気です。発症した人のほとんどがコンタクトレンズ、特にソフトコンタクトレンズ使用者であり、誤った使用法が原因である場合がほとんどです。

アカントアメーバ角膜炎の原因

通常ソフトコンタクトレンズは専用の洗浄液で洗う必要がありますが、このソフトコンタクトレンズを水道水で洗ったり、ゆすいだりして、原因微生物アカントアメーバがコンタクトレンズに付着し、そのようなコンタクトレンズを数日つけっぱなしにするなどが大きな原因です。

またこのようなコンタクトレンズを保存液に浸しますと、アカントアメーバが保存液を汚染して増殖してしまい悪循環となってしまいます。

さらに、土を触った手で目をこすったり、コンタクトレンズをつけたまま海・川・湖・沼・プールなどで泳いだことで、アカントアメーバに感染する場合もあります。

アカントアメーバ角膜炎の症状

アカントアメーバ角膜炎は非常にゆっくりと進行し、初期症状としては目やにがでるようになり、症状が強くなるにしたがい、涙が出るようになり、目の痛みを伴い、充血度が強くなります。そして視力が徐々に低下し、視力障害が生じるようになり、最悪の場合角膜が溶け、失明の危険性もあるのです。

アカントアメーバ角膜炎の治療

アカントアメーバに対する特効薬はいまのところないため、基本的に抗真菌薬を使用し治療していきます。また抗真菌薬と併用して感染した角膜表面を何度も削ったり、それでも完治しない場合は角膜移植を余儀なくされる場合もあります。

アカントアメーバは大変感染しにくい病原体なのですが、このようにいったん感染してしまうと治療がとても困難な病気なのです。

) アカントアメーバは汚れた淡水や水道水、土の中に生息する、ゾウリムシやミドリムシと同様の小さな原生動物(微生物)です。

アカントアメーバ自体が特殊な病原体であり、また、珍しい病気なため、大きな総合病院や大学病院でも検査が困難なことが多く、診断が難しいとされています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved