視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 後部硝子体剥離

後部硝子体剥離


後部硝子体剥離とは、本来は眼球の中に詰まっていなければならないゲル状の硝子体が、加齢(老化)などにより縮んできて液状になり、網膜から離れ、眼底から浮き上がってしまい、眼球の動きとともに硝子体が眼球内で揺れ動くようになる症状のことです。

後部硝子体剥離は網膜裂孔の原因となり、出血が起こりやすくなります。また網膜裂孔は網膜剥離の原因となりますので早期発見がとても大切な病気なのです。

後部硝子体剥離は早期なら出血部を光凝固(光凝固療法)で固めることで治療できますが、進行すると混入した血液が硝子体を変質させるため、硝子体そのものを取り除く手術が必要になる場合があります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved