視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック手術(視力回復手術)Q&A > レーシックで視力が回復したら免許証の「眼鏡等」はどうなるの?

レーシックで視力が回復したら免許証の「眼鏡等」はどうなるの?


レーシックを受けて視力が回復したら速やかに手続きを行いましょう レーシック手術を受けて、順調に視力が回復すれば、運転免許証の条件等の欄の「眼鏡等」は外せるのでしょうか?

答えは「はい。もちろん外せます」です。レーシック等で裸眼での視力が両眼で0.7以上、かつ一眼でそれぞれの視力が0.3以上に回復すれば、最寄の警察署か、運転免許センターに行って限定解除の手続きを行えば(手続きは平日のみで視力検査などを行います)、あの邪魔だった「眼鏡等」の文字が外れ、スッキリした免許証になります(裏面に解除認定スタンプが押されるだけの場合もあります)。

また視力が回復したからといって、「眼鏡等」の免許証のままで、眼鏡やコンタクトレンズをしていないで運転していますと、減点&罰金の対象になりますので(2006年3月現在)、運転免許証をお持ちの方は速やかに手続きを行いましょう。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved