視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック手術(視力回復手術)Q&A > レーシックを受けてもパイロットにはなれるの?

レーシックを受けてもパイロットにはなれるの?


2005年現在レーシックを受けるとパイロットにはなれません 航空各社によっても多少、基準は違いますが、共通しているのは、「屈折矯正手術(RK手術(放射状角膜切開手術)・レーシックラセック等のレーザー手術」を受けている方はいまのところライセンスを取得できないようになっています(2005年現在)。

またオルソケラトロジーを6ヶ月以内に受けられている方も同様にライセンスを取得できないようになっています。

しかしパイロットのライセンスは、以前までは眼鏡やコンタクトレンズによる視力矯正も認められていませんでしたが、近年のめざましい航空テクノロジーの発達により、これらの基準が緩和されました。

近年レーシックによる屈折矯正手術の認知度も徐々に上がってきましたので、これらの基準もいずれは緩和されるかもしれませんので、詳しい事は各航空会社(ANAJAL)、または東京航空局大阪航空局にお問い合わせください。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved