視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック手術(視力回復手術)Q&A > レーシックを受けた人はどれくらいいるの?

レーシックを受けた人はどれくらいいるの?


アメリカでは毎年100万人以上の方がレーシックを受けられています レーシックは1990年にギリシャで始まり、アメリカでは1995年のFDA(米国食品医薬品局)によるエキシマ・レーザーの認可以来、実績を伸ばし、2000年以降は毎年100万人以上の方が施術を受けるほど一般化し、すでに近視人口の1割の方が受けたといわれています。

日本では2000年1月28日に厚生省(現・厚生労働省)がエキシマレーザーによる近視治療を認可し、2000年にレーシックを受けた人は
約2万人。その後徐々に増加し、2005年には推定7万人が受けたといわれ、著名人やスポーツ選手などが「レーシックで裸眼生活を取り戻した」として認知度も高くなり、料金も手頃になってきましたので、今後ますます増加していく事が予想されています。

※ 2006年はアメリカで約155万人、日本では約10万人がレーシックを受けると推測されています。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved