視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・あ行 > 遠視

遠視


遠視とは近視の逆で、目の調節機能が働いていないとき、目に入ってくる光が網膜よりも後方に像を結ぶ屈折状態、または目の奥行き、いわゆる眼軸が短いことが原因で、遠くのものを見たときに、網膜より後ろにピントが合ってしまう目のことをいい、遺伝や生まれ持った体質によるところが大きいといわれています。また視力が良好であってもメガネが必要なケースもあります。

遠視は遠くを見るときも近くを見るときも常に目に遠近調節を強いられるので大変疲れやすい症状で、決して遠くが良く見える目を遠視というのではなく、近くが見づらいという点で混同されやすいですが老眼とは原因がまったく違う症状です。特に強度の遠視や加齢で調整機能が低下してくると、遠くも近くもぼやけた状態でしか見えませんので、近視よりも遠視の方がずっとやっかいな症状で、目の衰えとともに老眼になりやすくなります。

遠視は若いうちは屈折力の弱さを水晶体の調節で、ある程度補うことができるため、本人に自覚症状がなく、なかなか発見できない事が多いようです(学校の視力検査ではほとんど発見できません)。また水晶体の調節機能を無理に働かせていることが多いので、遠視矯正用のメガネなしでは目が疲れやすく、肩こり、頭痛などの眼精疲労や眩しさの症状を併合することもあります。

遠視には大きく分けて軸性遠視と屈折性遠視とに分けられます。

軸性遠視
眼軸(眼の奥行き、網膜までの距離)が短い為に網膜後方で結像する遠視。

屈折性遠視
角膜や水晶体の屈折力が弱い為に網膜後方で結像する遠視。

斜視内斜視
かなり強い遠視の場合、調節の為、眼が内側に寄 ってしまうことがあります。

視力が良いのに目が疲れやすい、仕事をすると肩が凝ったり頭が痛い、眼精疲労になりやすい人は遠視の可能性がありますので、一度眼科医の診察を受ける事をおすすめします。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2017 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved