視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・さ行 > 硝子体

硝子体


硝子体とは水晶体(レンズ部分)と網膜(フイルム部分)の間にあり、目の中で大部分を占めているゼリー状でほぼ無色透明な組織です(99%は水で出来たゲル状の物質)。硝子体は光を網膜に伝えたり、目が凹んだり形が崩れるのを防ぐクッションの役割を果たす重要な組織で、糖尿病性網膜症網膜剥離などで病状の進行に関係しています。

硝子体は水晶体の後ろに接し、若いころはだれでも硝子体が目の中にいっぱい詰まっていて網膜にくっついていますが(ほとんどは軽く網膜と接しているだけです)、加齢(老化)とともに、ゼリーが収縮し網膜から剥がれるとき(後部硝子体剥離)水に置き換わっていき、飛蚊症(視野内に目の前で蚊が飛び交っているようなちらつき感)や、光視症(目を閉じていても光が見える)などの症状が生じ、どちらの場合も放置しておくと網膜剥離に進行し、視力を失ってしまう危険性もあるのです。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved