視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 用語・か行 > 眼科専門医

眼科専門医


眼科専門医とは、眼科に関する知識と医療技術が十分であることを日本眼科学会が認定した眼科医のことです。具体的には、眼科医療機関で一定期間の研修を受け、手術実績、学会発表、論文などの基準を満たした後に、眼科専門医資格試験に合格した場合にのみ眼科専門医と名乗る事ができます。

しかし医師免許を取得してさえいれば眼科に限らず、医師免許を有する医師が届出さえすれば自由に科目を選択でき、なおかつ複数の科目を告知することも可能です。従って、眼科専門医でなくても眼科医を開業する事は可能なのです。

このような眼科専門医ではない、知識に乏しい医師によるレーシック等の屈折矯正手術は、適切な手術が行われない場合がありますので、クリニックを選ぶ際には眼科専門医かどうかを確認する事は非常に重要な事なのです。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved