視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 糖尿病性網膜症

糖尿病性網膜症


糖尿病性網膜症とは、糖尿病の発病からおよそ5?10年で発症することが多い、糖尿病による高血糖状態によって血管が弱くなり眼球内で出血を起こす、腎症、神経障害と並んで多い
糖尿病の代表的な合併症の1つで、失明の大きな原因の1つでもあります。

網膜には栄養を補給する多くの血管が流れています。高血糖状態が長く続くと、網膜の血管に動脈硬化が起こり、進行するとこの血管がもろくなったり、一部が膨らみ「毛細血管瘤」が現れ、そこから出血したり、小さな血管が血栓でつまったり、眼底に白い斑点がみられたりします。

さらに症状が悪化すると、つまって血流が途絶えた部位に血流を補充するために新しい血管、新生血管という異常な血管ができてきたりします。この新生血管は破れやすく、大きな出血を引き起こす原因となり、放置していれば失明に繋がるのです。

また糖尿病性網膜症は、はじめは自覚症状がなかなか現れないため、早期発見されにくく、発見されても治ったと勘違いされやすいので患者が治療を中断してしまったりすることによって、高い失明率の原因になっているのです。現在日本において、
年間約3000人の方が糖尿病性網膜症が原因で失明しており、中途失明の原因の第一位となっています。

糖尿病性網膜症は自覚症状がなく、早期発見されにくいので、糖尿病と診断されたら必ず専門の眼科医の診察を受ける事をおすすめします。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved