視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 網膜色素変性症

網膜色素変性症


網膜色素変性症とは網膜に異常な色素沈着が起こり、暗いところで物が見えにくくなったり(夜盲)、視野が狭くなったり(視野狭窄)、視力が低下していく、遺伝的な素因が強い病気です。

網膜色素変性症は遺伝が関係して発病する場合が多いのですが、遺伝が全く関係せずに発症する場合もあり、病状の進行速度には個人差がみられますが、多くは症状の進行は非常にゆっくり、数十年をかけて進行していきます。幼少期に発病すると失明の可能性もありますが、必ずしも失明にまで至るとも限りません。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved