視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 緑内障

緑内障


緑内障とは、一般に「あおそこひ」ともいわれ、目の神経(視神経)の線維が高眼圧や血流不足のために抜け落ちて行き、その結果として視野に暗点を生じ、最終的には高度の視野狭窄(視野が狭くなる)から失明に至ることもある、白内障と同じように目の成人病と呼ばれている、中高年、40歳以上の方によく発症する病気のことです。

眼球は正常な代謝を維持するために、一定の硬さ(眼圧)を保っており、目の中で作られる水(房水)と目の外に出ていく水の量の差によってバランスが保たれています。しかしこの流れに障害が起こると水が目の外に出にくくなるために水が目に溜まって、眼圧が上がります(眼球が固くなります)。

眼圧が上がると、視神経が圧迫されたり、周りの血の流れが悪くなります。そして、この状態が長期間続くと視神経が障害され、いずれは視神経が死んでしまいます。その結果、視野が狭くなったり、見えない部分が出てきたりします。また死んでしまった視神経は治療をしても回復しません。つまり進行すればいずれは失明してしまいます。これが緑内障の最も怖いところなのです。

緑内障は多くの場合自覚症状がなく、本人も気付かないうちに、非常にゆっくりと視野(見える範囲)が狭くなっていきます。目の疲れ、視野が狭くなるなどに気付いた時には、すでにかなり進行していることが多いのです。

現在日本では、40歳以上の約30人に1人、約220万人の緑内障患者がいるとされています。正常眼圧緑内障(眼圧が正常)などの症状は、ある程度進行するまで気付かないため、失明の大きな原因となっています。

また稀に、突然、眼圧が上がり、激しい目の痛み、頭痛や吐き気を生じ、目は充血してかすんでくる、
急性緑内障発作を発症する方もいます。この急性緑内障発作は、すぐに治療しないと一晩のうちに失明する危険がより高まります。

緑内障チェック!

・目が疲れやすい
・夜間、光の回りに輪のような物が見える
・時々、目がかすむ
・視野が段々と狭くなっていく
・40歳以上である

以上のような症状がある方は、1度眼科医の診察を受ける事をおすすめします。緑内障と聞くと、すぐに失明するのではないかと思っている方もいるようですが、近年では優れた治療薬も開発されており、きちんとした治療と管理を続けていけば進行をかなり抑えることができるようになってきましたので、必要以上に恐れる必要はないかもしれません。

また緑内障の方はいまのところレーシック手術を受ける事ができません。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved