視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 白内障

白内障


白内障とは目の中の水晶体が、老化あるいは種々の病因で白く濁り、目の奥にある網膜に光が届きにくくなり、カメラのレンズが曇って写真がうまく写らないのと同じで、目がかすむ、ぼやける、物が二重三重に見える、明るい所が眩しく感じる、どんなに調整してもメガネが合わないなどの症状が出て、視力が低下していく病気です。

この白内障は視力低下を来たす病気のうちで最も多い症状で、白内障だけでは痛みや充血がでることはなく、初期の場合は自覚症状もほとんどありません。

また
白内障の8?9割が老化が原因といわれ、70歳以上の人の約8割が白内障にかかっているといわれています。中高年の場合、白内障は病気というよりも老化現象の一つといったほうがよいかもしれません。白内障の多くは老化が原因といわれています

水晶体の濁りは少しずつゆっくり進んでいき、一度濁った水晶体は元通り透明にはなりませんので、白内障で処方される点眼薬(目薬)は白内障が進むのを少しでも遅らせるという効果しかありません。

白内障の治療としては、手術的に濁った水晶体(レンズ)を取り除く以外に有効な方法がありません。しかし取り除いたままですとレンズがありませんので、元とは異なった見え方になります。そこで眼内レンズという小さなレンズを目の中に埋め込みます。これによりほぼもと通りに、正常とまったく変わらない見え方に治すことができるのです。

しかし白内障の方はいまのところレーシック手術を受ける事ができません。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved