視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 飛蚊症

飛蚊症


飛蚊症とは字のごとく、明るい場所や白い壁、青空などを見つめた時に、目の前に蚊などの小さな虫が飛んでいるように見えたり、黒いゴミや糸くずなどが浮いて飛んでいるように見える症状のことです(人によって見え方はさまざまです)。

これらの浮遊物は視線を動かしても一緒についてくるように感じられ、目に何か付いているのかと思って目をこすってみても取れないし、眼鏡の汚れかと思ってよく拭いても消えない、瞬きをしても消えませんが暗いところでは気にならなくなります。

飛蚊症の原因

飛蚊症の原因としては老化(加齢)や、近視の方などに現れる生理的飛蚊症がほとんどですが、重大な病気、失明の恐れもある網膜剥離の前兆症状として現れるケースや、 網膜裂孔、ブドウ膜炎、硝子体出血の症状として現れることもありますので注意が必要です(網膜剥離の場合は濃いはっきりとした影が出やすいのが特徴的 )。

眼球の中には水晶体の後ろから網膜の前まで、無色透明なゼリー状の硝子体と呼ばれるゲル状の物質が詰まっています。角膜と水晶体を通った光は、硝子体を通って、網膜に情報が伝えられます。この硝子体が濁ると、その陰が網膜に写るのです。その濁りが眼球を動かしたときにフラフラと動き飛蚊症と自覚してくるのです。

生理的飛蚊症の場合は治療は必要ありませんが、初めて自覚したときには自分では区別できませんし、網膜剥離や網膜裂孔、ブドウ膜炎、硝子体出血の場合は治療が必要ですので、飛蚊症かな?と思ったら早めに眼科医の診察を受けましょう。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved