視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 光視症

光視症


光視症とは光が当たっていないのに、視野の中心や端に光が飛んで見えたり、チカチカ・キラキラ光を感じる、硝子体の収縮により網膜が刺激を受けて起こる症状です。

光視症の原因

光視症は飛蚊症と同様、網膜剥離などでも起こりますが、主に老化(加齢)と共に、後部硝子体剥離のときに起こります。網膜と硝子体の間に強い癒着があると、その部位はすぐに剥がれず、目を動かすたびに硝子体が揺れて網膜が引っ張られます。このとき網膜が刺激されて実際にはない光を感じるのです。網膜と硝子体の癒着がとれれば光は見えなくなりますが、癒着が長く残り、光視症が数週間から数年間持続することもあります。

また脳の血管の病気、過労や睡眠不足などが原因で光視症が起こる事もあります。よく頭をぶつけたときなどに「目から火花が出て、パッと目の前が明るくなった」といったことを経験した事はありませんか?これは頭をぶつけたときの衝撃が網膜の視細胞を刺激し、光として感じてしまうために起こるのです。これも光視症のひとつといってもよいかもしれません。

光視症は必ずしも網膜剥離や、網膜裂孔の前兆としての症状ではありませんが、光視症と思われるような症状が数週間以上続くようでしたら、早めに眼科医の診察を受けましょう。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved