視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 網膜裂孔

網膜裂孔


網膜裂孔とは、網膜が目の中にある硝子体という無色透明のゼリー状のものに引っ張られて、穴が開いてしまい(破れる)、飛蚊症と同じように目の前に蚊などの小さな虫が飛んでいるように見えたり、黒いものが飛んでいるように見える、網膜剥離に進行しやすい症状のことです。

網膜裂孔の原因

網膜は眼球の大部分を占める硝子体の内側から支えられています(押し付けられています)。この硝子体が老化や強度の近視などによって萎縮や変性してしまうと、網膜と硝子体の間に空間(隙間)ができ、硝子体とくっついている網膜が一緒に引っ張られて裂けて、穴が開いてしまう(裂孔)、これが網膜裂孔の大きな原因です。

また栄養障害や、眼球の打撲の衝撃で網膜裂孔が起こることもあります。網膜裂孔を放置していると、硝子体出血や、失明する危険性のある網膜剥離になることもありますので、飛蚊症のような症状が現れたら早めに眼科医の診察を受けましょう。いまではレーザー治療(光凝固(光凝固療法))で剥離を起こしにくくすることができます(レーザー治療をしても100%剥離が起こらないわけではありません)。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved