視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 角膜混濁

角膜混濁


角膜混濁とは、角膜の内側の角膜内皮という細胞が酸素不足で死んでしまい、本来透明であるはずの角膜が真っ白に濁る症状のことです。

コンタクトレンズの誤った使用法や、PRKでは稀に起こることがありましたが、レーシックではまずおこらないとされています。万一発生した場合でも、角膜混濁除去手術(PTK)によって混濁を取り除く事が可能です。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved