視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症


加齢黄斑変性とは、黄斑(光を感じる網膜の中央にある、物を見るために最も敏感な黄褐色の部分)が加齢(老化)によりさまざまな変化・変性・異常が生じて、景色の中心が歪んで見えたり、中心が暗くなったりするため、日常生活に支障をきたす恐れのある疾患です。

加齢黄斑変性は、脈絡膜から発生する新生血管の有無で
滲出型萎縮型に分類され、男性は女性の約3倍みられ、約20%は両眼に発症し、高齢者の失明原因の一つとなっています(アメリカでは失明原因第1位の疾患です)。

滲出型
滲出型は網膜の下の脈絡膜に、正常な血管とは別に異常な血管ができてしまい、水がにじみ出てきたり、出血したりして、黄斑に障害が生じるタイプです。

萎縮型
萎縮型はいわゆる老化が原因で、徐々に組織が痛んで死んでいくタイプです。急激な視力低下ではなく、徐々に視力が落ちていき、老化現象ですから治療法がありませんが、大きな問題ともなっていません。

加齢黄斑変性症は60歳以上の高齢者の方に多くみられ、いままでは欧米人に多かった疾患ですが、近年では日本でも増加傾向にあります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved