視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 斜視

斜視


斜視とは、両目の視線が正しく見る方向に向いていないものをいいます。通常ものを見るときには右目も左目も両方の目が、見ようとするものと同じ方向を向いていますが、片方の目が見ようとするものを見ているにも関わらず、もう片方の目が目標と違う方向、内側や外側、または上下に向いている、これが斜視です。

斜視の種類

・恒常性斜視・・・常に斜視が存在する
・間歇性斜視・・・時々斜視の状態になる
・内斜視・・・内側に向いている斜視
・外斜視・・・外側に向いている斜視
・上斜視・・・上に向いている斜視
・下斜視・・・下に向いている斜視

また生まれた直後から斜視が明らかに存在する場合と、成長してから目立ってくる場合とがあり、子供が寝起きなどにちょっとずれる程度は問題ありません。

斜視の原因

目の筋肉や神経などの異常
眼球には6つの筋肉が付いていて、これらの筋肉の働きで眼球が動いています。この眼筋や眼筋周辺の組織、またそれらの動きを支配している神経などの異常によって斜視になる場合があります。

強度遠視
目は近くを見るときは内側に寄りますが、強い遠視があると、より強いピント合わせが必要なため、目がかなり内側に寄って斜視になる場合があります。

視力不良
けがや病気が原因で片方の目の視力が低下すると、視力の良い目だけでものを見ようとするので、視力の低いほうの目が斜視になる場合があります。

両眼視の異常
両眼視(左右の目で見たものを脳で一つにまとめる機能)は生後1歳くらいでほぼできあがり、5,6歳くらいまでに完成します。ところが何らかの原因で両眼視がうまくできない場合、斜視になる場合があります。

斜視の治療・手術

斜視の治療は大きく分けると手術による方法とそれ以外の方法とがあり、また斜視の種類・性質・年齢・状態などにより異なりますが、手術以外の方法としては、遠視が原因の場合には遠視用の眼鏡をかけること、片方の目の視力低下が原因の場合には、この視力を改善してあげることです。両眼視が6歳までにほぼ完成しますので、6歳を過ぎてからの治療は両眼視という機能の点から治りにくいといわれていますので、早期発見、早期治療が何よりも大切なのです。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved