視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 水疱性角膜症

水疱性角膜症


水疱性角膜症とは、産まれつき内皮細胞(角膜の内側に並んでいる細胞)が弱かったり、外傷、角膜感染、白内障手術、緑内障治療などの外的な原因で内皮細胞が障害されたり減少した結果、角膜が腫れたり、角膜表面に液体の詰まった水疱ができる病気です。

水疱性角膜症の症状

水疱性角膜症は特に高齢者に多くみられ、視力低下や霧視(霧がかかったようにぼんやり見える、かすみ目)がおもな症状で、水疱は破裂することがありますので、その場合は痛みや目の中に異物が入って取れない感じがします。

水疱性角膜症の治療

水疱性角膜症の治療として初期の場合には、角膜内部の余分な水分(液体)を角膜から外に誘導するため、濃度の濃い生理食塩水の入った点眼薬(目薬)が使用されたり、不快感や痛みを軽減するためにソフトコンタクトレンズを使用することもあります。また内皮細胞は再生しないので、日常生活に支障が出るほどの視力障害が生じたり、痛みや不快感が強い場合は、角膜移植を行う治療が必要になります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved