視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 目の病気 > 帯状ヘルペス性角膜炎

帯状ヘルペス性角膜炎


帯状ヘルペス性角膜炎とは角膜炎の一種で、水痘・帯状ヘルペスウイルスによる感染症です。顔の皮膚に水痘(発疹)が出て、その後、目の付近や鼻などに水痘がでて、症状が治まっても目の周りに痛みを伴う後遺症が残ることがあります(帯状ヘルペス後神経痛)。

帯状ヘルペス性角膜炎を発症すると、物が二重に見えたり、視力が落ちたり、目が充血したりし、治療には抗ウイルス薬、副腎皮質ステロイドの点眼薬が用いられます。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved