視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > 視力回復手術の種類 > PRK

PRK


PRKとは「Photo Reactive Keratotomy」の略で、角膜の表面(角膜上皮層)をエキシマ・レーザーで照射して、角膜上皮を剥離(除去)し、角膜の曲率を変化させる屈折矯正角膜表層切開術、視力矯正手術(屈折矯正手術)です。

現在、主流な視力矯正手術はレーシックとなっていますが、アメリカではレーシックが流行しはじめる1990年代後半までは、PRKが主流な視力矯正手術として、レーシック以前から行なわれていた視力矯正手術です。

?PRKの手術手順?

PRKの手術手順としては、まず角膜上皮をレーザーなどで除去した後、角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して角膜組織の形状を変化させることにより、視力矯正を行います。レーザーが照射される部分は角膜全体の10%以下で、深層角膜にはほとんど触れられず、手術の所要時間は10分以内、麻酔をしていますので痛みもほとんどありません。

?PRKのメリット?

レーシックはフラップを作成するため、角膜に一定以上の厚みが必要ですが、PRKはフラップを作成しない分、角膜を切除できる量が増えますので、角膜がうすくてレーシック手術を受ける事が出来ない方でも、PRKで治療が可能な場合があります。

またレーシックに比べ、フラップ作成につきまとうリスク(ズレたりシワになる)や、術後もフラップが存在しない事から安全性はより高いともいわれ、
特にスポーツ選手や格闘技をされる方など、強い衝撃が加わる可能性がある人に対してはPRKを選択するケースが多いようです。

?PRKのデメリット?

PRKとレーシックと大きな違いは、PRKはフラップ(角膜のふた)を作らず、直接角膜上皮を除去してしまう点です。このためPRK手術後には必ず角膜表面に剥離した傷ができるので、麻酔が切れた時点で痛みが生じ、痛み止めの内服薬を使用しなければならず(痛みは翌日には軽減し、2?3日で消失します)、医療用の保護用コンタクトレンズを除去した角膜上皮が自然再生するまでの数日間(3日?1週間)装用しなければなりません。

また視力が安定するまでには、角膜上皮の再生を待って数週間から3ヵ月程度かかり(視力が出るまでには個人差がありますが、裸眼で生活できるだけの視力は、ほとんどの場合1週間以内で回復します)、高度近視の場合視力が戻りやすい、両眼同時に手術ができない(片眼手術後、もう一方の眼は1?2週間後に行う)などというデメリットがあります。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved