視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 久慈照嘉

久慈照嘉


久慈照嘉(元プロ野球選手)

生年月日:1969年4月19日

出身:山梨県

主な略歴:


東海大甲府高校時代に甲子園に3回出場し、その後、社会人、日本石油を経て1991年ドラフト2位で阪神タイガースに入団。1年目の1992年には新人王を獲得し、阪神タイガースのショートのレギュラーの座を掴み、1997年までプレーしましたが、1998年に中日ドラゴンズにトレードされる。

中日ではショート、セカンドでプレイしましたが徐々に出場機会が減少し、2002年シーズンオフに中日から自由契約となり、古巣、阪神タイガースに復帰し、主に守備固めとして出場機会が与えられ、この年、阪神のリーグチャンピオンに貢献しました。

その後、2005年を最後に現役を引退し、野球解説者として新しい道を歩くこととなり、近い将来、コーチ、監督として現場復帰する可能性も高そうです。


阪神、中日でプロ野球選手として活躍された久慈照嘉さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、

左眼0.1⇒2.0

右眼0.1⇒2.0

に視力が回復されました。


?久慈照嘉さんのレーシック体験談と感想?


「ベンチからスコアボードも良く見えますし、マスターズリーグの試合で3打数2安打でした!」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved