視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 加藤英司

加藤英司


加藤英司(元プロ野球選手)

生年月日:1948年5月24日

出身:静岡県

主な略歴:


PL学園卒業後は松下電器を経て、1969年ドラフト2位で阪急ブレーブス(現在のオリックス)に入団し、1969?1982年までを阪急で⇒1983年は広島⇒1984?1985年は近鉄、⇒1986年は巨人⇒1987年は南海と、計5チームを渡り歩きました。


現役時代は1971年に頭角を現しレギュラーの座を掴むと、首位打者2回(1973・1979)、打点王3回(1975・1976・1979)、MVP1回(1975)に輝き、1987年、同期入団の山田久志から本塁打で2000本安打を達成し名球界入り。その年を最後に現役生活にピリオドを打ちました。


引退後はプロ野球解説者を経て日本ハムの打撃コーチ、オリックスの2軍監督を務め、その後はマスターズリーグの大阪ロマンズに在籍し、再び野球解説者として活躍されています。


元プロ野球選手で2000本安打も放った加藤英司さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、

左眼0.4⇒1.5

右眼0.4⇒1.5

に視力が回復されました。


?加藤英司さんのレーシック体験談と感想?


「ゴルフにドライブ、すべてにおいて若返った気がします。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved