視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 杉山愛

杉山愛


杉山愛(プロテニスプレイヤー)

生年月日:1975年7月5日

出身:神奈川県

主な略歴:


・1999年全米オープン混合ダブルス優勝

・2000年全米オープン女子ダブルス優勝

・2003年ウィンブルドン女子ダブルス優勝(準優勝4度:2000年、2001年、2004年、2007年)

・2003年全仏オープン女子ダブルス優勝(準優勝2度:2006年、2007年)


1992年にプロとなり、1994年のジャパン・オープンでダブルス初優勝、1997年の同大会でシングルス初優勝、2000年全豪オープン、2004年ウィンブルドンでベスト8進出し、シングルとして日本人としては伊達公子以来2人目の世界ランク10位以内に入る。


一方、ダブルスでは1999年の全米オープン混合ダブルス、2000年の全米オープン女子ダブルス、2003年の全仏オープン、2003年のウィンブルドンのダブルスで、4大大会ダブルスで4回優勝し、ダブルスの世界ランキングでは1位にも輝きました。


プロテニスプレイヤーとして活躍されている杉山愛さんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、

左眼0.6⇒1.5

右眼0.3⇒1.5

に視力が回復されました。


?杉山愛さんのレーシック体験談と感想?


「夕食を友人と一緒に表に食べに行ったのですが、あまりにも見えるので騒ぎすぎてしまいました。」



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved