視力回復手術で失敗?レーシック体験談TOP > レーシック(視力回復手術)等を受けた有名人(芸能人・スポーツ選手 > 横峯さくら

横峯さくら


横峯さくら(女子プロゴルファー)

生年月日:1985年12月13日

出身:鹿児島県

主な略歴:国会議員、横峯良郎の次女で、2004年にプロテストに合格し、2005年「ライフカードレディス」で念願の国内女子ツアー初優勝を果たすと、2007年には賞金女王こそ上田桃子に譲りましたが、年間獲得賞金が1億円を突破するなど、女子プロゴルフ界の中心的存在となっています。


女子プロゴルファーとして活躍されている横峯さくらさんもレーシック手術(視力回復手術)を受けられ、


左眼0.7⇒2.0

右眼0.7⇒1.5


に視力が回復されました。


?横峯さくらさんのレーシック体験談と感想?


「以前に父(横峯良郎)が受けて、絶対やった方がいいからと勧められました。手術を受ける前は多少不安がありましたが、痛みも全くなかったですし、何より裸眼で朝から晩まで 過ごせることは本当に素晴らしいことだと思います。」


横峯さくらさんが視力回復手術レーシックを受けられたのは品川近視クリニックです(横峯さくらさんのレーシック体験談もあります)。



120万症例突破!年間症例数15万件突破!

イントラレース症例数4年連続世界一!Zレーシック症例数世界一も受賞した品川近視クリニック

私(当サイト管理人)も2005年に品川近視クリニックでイントラレーシックを受けて「両眼共0.01⇒2.0」に視力が回復し、10年経っても視力は落ちていません♪

過去に感染症ゼロ!安心の長期保証!

視力回復レーシック

 

Copyright © 2005-2019 レーシックで失敗?視力回復手術体験談. All rights reserved